ブライダルインナー がウェディングドレス姿を決める鍵

教会

ダイヤモンドは4Cで選ぶ

ダイヤモンド

婚約指輪と言えばセンターに華やかに輝くダイヤモンドがメインです。婚約指輪の基本構造としては、大きく輝くメインのダイヤモンド、周りを飾るメレダイヤモンド、ダイヤモンドを支える台座や爪、リングがあります。まず婚約指輪を購入するにあたり、メインであるダイヤモンドの質は重要です。なぜか日本では大きさ(カラット)の信仰が大きく、婚約指輪でもメインのダイヤモンドの大きさを自慢にしがちですが、ダイヤモンドの質はカラットだけではありません。さらにカラットはダイヤモンドの質を測る4Cの条件の中で最も優先順位の低い条件なのです。婚約指輪は、カラット信仰に目を眩まされずに、しっかり質の高いものを選ぶのが重要です。まずダイヤモンドの質を表す4Cとは、キズや内包物が混ざっているかどうかの石の透明度を意味するクラリティ、無色透明であるか石の色を意味するカラー、原石からの研磨と輝かせる技術であるカット、大きさを意味するカラットの4つの頭文字で4Cとなります。ダイヤモンドの質はこの4つを意識しましょう。まず、クラリティは、無論、内包物がほとんど見えなくキズがないことが重要です。次にカラー。これは石自体の色で、石の質が良いほど無色透明です。質が下がると黄色がかった色になっています。最後最重要なのがカットです。これがダイヤモンドの煌きを左右します。カットの技術が無色透明のダイヤモンドに輝きを与えるのです。選ぶ時はサイズよりカットとカラー、クラリティの質を優先しましょう。